日本らしい季節ごとの行事は大事にしたいと考えているので、十五夜にはいつも、簡単ではありますがお団子を用意したりしています。
今年は9月24日が中秋の名月ということで、今から綺麗な満月を見ることが出来るかとても楽しみです。
そんな毎年楽しみにしている十五夜ですが、意味や由来については考えたことがありませんでした。
まず、江戸時代から日本人はお月見を楽しむ習慣があったと知り、昔の人も今と同じ月を見て楽しんでいたんだなと思うと、とても不思議な気持ちになりました。
お月見には、その年の収穫を祝って翌年の豊作を願うという意味があり、お団子と里芋、それにススキなどの秋の七草を飾るそうです。
実際にお月見をする方法は、ベランダなど月が見える場所に月見台をおき、三方に月見団子や里芋、果物などのお供え物を飾って家族で月を眺める、というものです。
きちんとしたやり方は知らなかったので、とても参考になりました。
月見団子、里芋、ススキにもそれぞれ意味があり、月見団子などの食べ物のお供えは、食べることで健康と幸せを得ることが出来ると考えられています。
そしてススキも月の神様を招く目印として飾ると言われていたり、十五夜にススキを飾ると1年間病気をしないという言い伝えもあるそうです。
お月見とは、月に感謝すること、豊作物の豊作の祈願し、収穫を感謝すること、月を眺め愛でる習慣などを合わせたものを言います。
子供には少し難しいですが、大人が丁寧に教えてあげたいことだなと思いました。

↓くわしくは、以下参照↓
2018年 お月見

関連記事

    None Found