ミドリムシって最近よく耳にする機会が多いですよね。そんなミドリムシは新しく作り出されたものと勘違いしている人もいるそうですけれども、ミドリムシはなんと5億年以上前に原始の地球で誕生している地球最古級の生き物なのです。
このミドリムシを発見したのは、オランダのアントニ・ファン・レーウェンフック氏という人物です。
発見された事自体は意外と古く1660年代のことなんです。
ミドリムシ(学名:ユーグレナ)はラテン語で美しい(eu)眼(glena)という意味なんだそうですよ。
その後、かなり時代が進んで1950年代にアメリカのメルヴィン・カルヴィン氏らは、ミドリムシ等を用いた光合成の研究を行っています。
この光合成による研究により炭素固定反応であるカルビン・ベンソン回路というものを解明したのです。
この解明がいかに凄いかというと解明から10年後、この功績によって1961年にノーベル化学賞を受賞しているのです。
1970年代に入ると、ミドリムシはアメリカ航空宇宙局(NASA)にて宇宙開発の視点でも注目されるようになったのです。
なんといってもミドリムシにはこれだけ食べてれば生きて生きられると言う59種類もの栄養素が凝縮されているからです。
それ以外にも、加えてミドリムシが太陽光と二酸化炭素で育つことができること、そして乗務員の呼吸によって出た二酸化炭素がミドリムシの成長を促し、その結果、酸素が得られるという二重のメリットがあるからです。
それから、1990年代に入ると、ミドリムシを使った医療、医療品の開発、二酸化炭素固定などについて研究がいたる研究所で行われるようになってきました。
そして2005年に、日本の株式会社ユーグレナ社が世界初となるミドリムシの食品としての屋外大量培養に成功しています!

詳しくはここ⇒ミドリムシナチュラルリッチ 口コミ

関連記事


    肌のハリや弾力をキープしてくれるコラーゲンは美容効果として 化粧品などに使われていますが、軟骨にも存在しており、非変性Ⅱ型コラーゲンを 摂取しても、元々私たちの体の中にある重要な成分なので副作用はない…


    痛風の痛みは耐えられない 昔から健康にはかなり気をつけていたんですが、ある時急に足の指の付け根の辺りが信じられないくらい痛くなったんです。 本当に急だったので急いで病院に運んでもらったところ痛風だとお…


    まずいライフスタイルを改めないと、 生活習慣病になってしまう危険性がありますが、 更に一つ重大な原因として、 「活性酸素」があると言われています。 健康食品につきましては、性質上「食品」であって、 健…