外壁塗装では、塗装業者次第で近隣とのトラブルに発展することがあります。
外壁塗装に入る前に、塗装業者が予め近隣に挨拶回りをして工事内容を伝えることで、ある程度は近隣とのトラブルを防げます。
しかし、塗装業者の足場設置のやり方や養生のやり方次第で、騒音により近隣に迷惑をかけたり、洗浄水が飛び散ったりします。
そのため、塗装工事を行う際は、依頼者である自分自ら外壁塗装を行うことを近隣の人に直接伝えることで、近所からの苦情を防ぐ手段に繋がります。
また、外壁塗装は一般的に水性塗料や弱酸性の塗料を使うので、塗料の臭いがするというトラブルにはなりにくいです。
しかし、溶剤を使って外壁塗装を行う塗装業者もいるので、その時は塗装に入る前に近所にシンナーの臭いが発生することを伝えないと、近所からの苦情に発展します。
養生をしっかり行う塗装業者による外壁塗装は、近隣へのトラブルがほとんど起きませんが、養生を手抜きする業者だと、近隣からの苦情が発生することになります。
そのため、依頼者自ら塗装業者に工事工程の確認や要望を出すことが重要になります。
近所からの苦情というトラブルを防ぐには、外壁塗装を行うことを依頼者自ら伝えることで、トラブルに繋がりにくくなります。
こちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 トラブル

関連記事