髭の生える意味と役割について

人間の体毛には役割があり基本的にはデリケートな肌を守る為に体毛が生えています。つまり体毛が生えている場所というのはとりわけ肌が弱い場所、守る必要がある大事な場所ということが出来ます。そして体毛があることで物理的な衝撃に対してクッション的な役割を果たしてくれます。さらに保湿機能、断熱機能、紫外線から肌を守る働きも挙げることが出来ます。また体毛は小さい振動を察知するセンサー的な役割を担っていると言われています。

体毛の中でも基本的に男性にだけ生える髭にはどのような役割があるのかと言えば太古の昔に狩りをする時に顔を守る為に生えている、寒さより身を守る為、以前は全身に生えていたモノが服を着ることで露出している場所のみに残ったといった説も存在し現代社会においてはさほど重要な役割を担っているとは言えません。だから男性でも髭を剃っている人の方が多いのが現状です。

 

 

髭が生えるメカニズム

髭が生えるメカニズムとして男性ホルモンの働きが関係しています。正確には髭が生えるというより男性ホルモンには髭を濃くする作用があるのです。人類は元々産毛で体が覆われていて、顔に生える産毛が濃くなたモノが髭と言えます。女性にはあまり髭が生えないのは女性の方が男性ホルモンが少ないからで、女性でも男性ホルモンの分泌が増えると産毛が濃くなり髭となります。なので体毛が濃いと気にしている女性や男性は女性ホルモンの分泌量を増やすことが重要で、過度なダイエット、ストレスは男性ホルモンを増やす結果になるのでストレスを発散し女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンを摂取することをお勧めします。

 

 

髭を剃ることのメリットとデメリット

現代社会においては社会人の大半はマナーとして髭を毎日剃っています。髭を剃ることの利点は清潔な印象を相手に与えることが出来る点とあとは口元からの細菌感染を予防することが出来る点です。他にも髭がボサボサの状態だと食べカス、埃がついて髭が汚れてしまい衛生的ではありません。そして埃を吸い込むことで風邪をひく恐れがあるので髭を剃ることでそれらを防ぐことが出来るのです。

ですが髭を剃ることのデメリットも存在します。それは紫外線に肌が晒される点、口に埃が入りやすくなる点、肌が荒れてしまう点などが挙げられます。髭を剃るとどれだけきちんとケアしても肌に刃を当てることにより肌へダメージを与えてしまいます。なので髭を剃らない方が肌の状態を維持しやすいと言えるのです。髭を剃る際には肌を傷めないようにシェーピングを使用したり、髭を剃った後のスキンケアを欠かさないようにして下さい。(参照:髭 意味

 

 

関連記事

    None Found