知らない間にしみってできていませんか?
あれ、こんなとこになかったよね?
なんて思った経験はないでしょうか。
そんなしみの原因は、生活を送る中にたっくさん潜んでいます。
しみには3つの要員があります。

まず第1に、紫外線です。
紫外線を多く浴びることによって、身体は細胞を守るためにメラニン色素を作り出す物質が増加します。
この皮膚細胞のDNAが異常を起こすと、しみになってしまうのです。

第2に活性化酸素です。これはストレスや喫煙などでも増加してしまうようです。第3に炎症です。
ニキビや日焼けが原因でしみができてしまうことがあります。
様ざまなことが原因で、しみができてしまうのです。
そんなしみからお肌を守るためには、日々の生活を見直すことが重要でしょう。

例えばまだまだ若いからと紫外線対策をしないことはいけません。
日傘をすることや、日焼け止めクリームを塗るなど徹底しましょう。
そしてアンチエイジングをすることも重要です。
アンチエイジングとは、肌の老化を抑制し、いつまでも若々しい肌でいることです。
アンチエイジングのためにはビタミン摂取は欠かせません。
特にビタミンEはしみ対策に重要な栄養素になっています。
意識的にビタミンを摂ることがアンチエイジングに繋がるのです。

こちらも参考にしてみてください⇒しみ 原因

関連記事