これまで太陽光発電になんとなく関心があったという人は多いと思います。
ですが、実際に太陽光発電に関心があっても安易に太陽光発電事業を始めない方が良いです。
それはどうしてかというと、安易に太陽光発電事業に手を出しても思った以上に太陽光発電事業をやる上で制約もあって思った以上に儲けが出ないと思ってしまう事もあり得るからからです。
その中でも最近になってできたルールに360時間ルールというのがあります。
では、この360時間ルールというのはどういうものかというと、これは電力会社が発電を抑えてもまだ電力の供給が過剰になると見込まれる時に太陽光発電の発電を抑制するように年間360時間の範囲で要求できるというものです。
しかも、このルールができる以前にもすでに別のルールによって太陽光発電を抑えるように要求できるというのがあります。
なので、これから初めて太陽光発電事業を始めようと思っている人がいるならそういうルールがあるという事をしっかり把握した上で太陽光発電事業をやるかどうかも考えた方が良いです。
そうしないと後になってこんなはずではなかったと思う事になりかねないので注意が必要になります。
少なくともそういうルールがいくつもある事は知っておくのが良いです。
solar2

参考:太陽光発電 360時間ルール

関連記事


    太陽光発電は、環境に配慮した発電形式の一種として認知されています。 太陽光は自然のエネルギーであることから、環境に良くない影響を与えることなく発電の作業のできる点がメリットとして挙げられています。 最…


    現在では、農地におけるソーラーシェアリングの仕組みに適用されるシステムが、着実に普及し始めていると推測されています。 太陽光発電を農地で行いたいと希望するエリアが多くなり始めていますが、この専門的なシ…


    太陽光発電にかかる費用は多き分けて5つの項目があります。1.初期費用2.維持費3.メンテナンス費用4.トラブル時の費用5.税金(固定資産税や消費税)。このような時に費用がはっせいするのですが、実際に太…